トレーニングの目的

当施設で行うトレーニングは大きく分けて2つあります。

1.競技・現場復帰の為のトレーニング

​2.競技パフォーマンス向上・スタイル改造(維持)のトレーニング

1.治療の延長にあるトレーニング

 今後故障のリスクを軽減させる為、正しい動き・楽な身体の使い方をトレーニングします。

2.パフォーマンスをあげる為、今の自分を変える為のトレーニング

 1のトレーニングに比べハードな事も行いますが、ただ筋肉をつけるという事は行いません。必要な筋肉が動く

 ようにトレーニングする事でパフォーマンスの向上(スタイル改造)を図ります。